何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Soil profile
Crop dusting
Grain field
土壌・植物・肥料
土壌のダイナミクスを理解する
土壌・植物・肥料
肥料を極める
土壌・植物・肥料
植物生理学を理解する
ll_to Content

信頼できる土壌、植物、肥料の分析

特定の植物や作物全体の生産性は、その生育地の土壌の肥沃度に大きく依存します。土壌の肥沃度は土壌の元素濃度と生物活性が多面的に関係しており、肥沃度を正確に把握する上で炭素、窒素、硫黄の濃度、そしてその炭素を構成する全有機炭素と全無機炭素のフラクションは非常に密接に関連したパラメータとなります。また、施肥により土壌の健康を改善すする場合には、広範囲に渡って土壌サンプルや異なる肥料タイプを正確に分析する必要があります。これらのニーズにおいて、当社の単元素や複数の元素に対応した分析装置は、困難な課題に対する個別のソリューションを提供することができます。

さらに、植物-土壌システムによるマクロ的かつミクロ的な元素の循環を詳しく理解するために、当社の専用安定同位体比質量分析装置 (IRMS) が植物体や土壌の安定同位体分析の理想的なソリューションとなります。

土壌のC/N比

土壌中の炭素と窒素の含有量は、健康な植物の成長と密接な関係があります。当社の炭素・窒素分析装置vario MAX cubeは、土壌分析に最も適した製品です。最大5gの土壌試料を測定できるため、試料の不均一性を気にすることなく扱えます。また、燃焼灰の自動排出機構により日々のメンテナンスの負担が大幅に軽減し分析の生産性が向上します。さらに、当社独自のパージ & トラップ式ガス分離技術 (APT) は、最大7,000:1のC:N比の場合でも両元素を完全に分離定量することができます。さらに、オプションの追加により、キャリアガスとしてアルゴンガスを使用したり、硫黄やTOCの測定も行えることから、vario MAX cubeは最強な土壌元素分析ソリューションになります。

肥料分析

肥料の品質管理において、窒素含有量の測定は必須項目です。当社の窒素・タンパク質分析装置rapid MAX N exceedは、この分析に最適な一台です。前処理は、最大5 gの無機物試料もしくは最大1 gの有機物試料を専用試料容器のスチール製クルーシブルに秤量するだけなので、極めて簡単です。

外部由来の硫黄源の減少に伴い、施肥による土壌の硫黄レベルを適正に維持することがより重要になっています。当社の有機元素分析装置vario MACRO cubeは、1回の測定から炭素、水素、窒素、硫黄の4元素を同時に測定できる世界唯一のマクロ分析計です (最大1g)。熱伝導度検出器の広いダイナミックレンジは、1つのキャリブレーションの範囲で、硫黄を1 % から100 %まで正確に測定できます。硫黄のみの分析、もしくはCHNSの4元素の分析のどちらであるかに関わらず、vario MACRO cubeは簡単なメンテナンスで時間とコストを節約し、タイムリーで信頼性の高い測定結果が得られます。

TOC、元素状炭素、TICの分別定量

全有機炭素(TOC)分析は、微生物活性と有機物に関する必須の情報を提供し、土壌と堆積物を特徴付け、評価する。また、土壌には生物学的にアクセスできない無機炭素(TIC)が多く含まれ、典型的には炭酸塩の形で含まれる場合もあります。元素状炭素(ROC)は、炭素のより一般的な原料であり、生物学的には利用できない。この第3の炭素留分を別々に測定すると、バイオアベイラブルの測定がより正確になり、酸性化法に比べて環境に関連したTOCが得られます。画期的なTOCアナライザsoli TOC® cubeは、腐食性酸を必要とせずに、土壌や他の固体の3つの炭素分数を1つの試料で測定し、ユーザの入力を最小限に抑え、信頼性の高い結果を得る。

土壌力学

土壌力学の調査は、植物土壌システム内のマイクロ要素とマクロ要素の循環に関する貴重な洞察を提供します。安定同位体の分析は、これらの力学をよりよく理解するのに役立つ。当社のGeovisIONシステムは、土壌や植物の試料における安定同位体分析のための専用の溶液です。

土壌・植物・肥料向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。