何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
金属分析装置による金属分析
金属
高品質な金属製品の製造
ll_to Content

機械・電気特性の開発目標達成のために

金属はその多様な特性によって広く使われており、各用途に合わせて金属製品の特注が可能です。金属の個々の特性は炭素、硫黄、酸素、窒素、水素などの微量の非金属元素のみならず、合金を作る金属元素の影響も強く受けます。これらの元素のわずかな濃度変化でさえ、機械的や電気的特性に大きな変化をもたらす可能性があります。これらの元素濃度を測定する場合に分析精度、測定時間、測定対象元素のニーズに応じて、当社の製品の場合は無機試料用元素分析装置発光分光分析装置のいずれかを選択することができます。

金属解析が簡単に行えます

Fe-C系平衡状態図は、鉄鋼中の炭素濃度の重要性を一目で示します。 また、硫黄、酸素、窒素、水素といった非金属元素や銅やクロムなど合金を形成する元素の濃度が、鉄鋼の機械的特性を決定します。 そのため、銑鉄、再生鋼、フェロアロイなど鉄鋼生産の原料の金属分析が不可欠です。当社の無機試料用元素分析装置inductar®シリーズは、用途に応じて燃焼式もしくは高温ガス抽出式を選択できますが、製造中に鉄鋼の優れた特性と密接な関係がある元素濃度を制御するために最適な装置です。一方で、金属分析用の発光分光分析装置であるferro.lyte®は、 多元素同時測定によって未知金属が容易に同定や分類されることから、非鉄金属のリサイクル中における未知の合金の同定や分類に適しています。

認証済み金属粉末の精密分析

粉末冶金プロセスや積層造形には、確かな認証を受けた金属粉末を使用することが要求されます。 なぜなら金属の微細粉末は短時間で周辺環境(空気中の酸素など)による影響を受けやすく、その機械的および熱的特性が容易に変化するからです。 一般的に、積層造形技術や他の粉末冶金製造プロセスにより、複雑な形状やまったく新しい特性を有する製品を作ることが可能となります。そして信頼性が高く安定した生産と欠陥の無い最終製品のためには、認定を受けた金属粉末が不可欠となります。当社のinductarシリーズの革新的で信頼性の高い高周波誘導加熱炉は、迅速で正確な分析結果を保証します。そのため当社の金属分析装置は、先端的な製造プロセスと同じようにフレキシブルで迅速に測定が行えます。

金属分析による鋳造品質管理

鉄、アルミニウム、コバルト、チタンの合金は、キッチン用レードルのように日用品のみならず、航空宇宙産業や医療技術産業のハイテク製品まで、幅広く使われています。一連の製造プロセスの全体を通じて原材料の化学組成を制御することで、生産の歩留まりが高く最良の品質が得られます。そのため、金属中の炭素、硫黄、酸素、窒素、水素の元素分析は、新たな高性能機械部品の開発に寄与したり、鋳造部品の安定生産を実現します。品質管理は製造済みの金属パイプや金属半製品の定期検査においても最優先事項です。当社の金属分析用でモバイル型の発光分光分析装置ferro.lyteは、アクセスが難しい場所に積まれた金属パイプの分析などに最適なフィールドソリューションです。

高速で正確なPMI検査

材料識別検査 (PMI: Positive Material Inspection) は、品質管理やプロセス管理において金属や合金を分析して元素種やその組成を識別するために使用されます。そこで使用される発光分光分析 (OES) は金属分析分野において最も完璧ともいえる分析手法で、かつ確立されたテクノロジーです。OESによって合金の主要構成元素だけではなく、微量の混入もしくはドーピングされた微量元素をppmレンジで測定することができます。C、P、S、B、Li、Be、Ca、Si、Mg、Alなどの低い原子番号の元素を測定する場合や、二相ステンレス鋼 (duplex) に添加された窒素元素を迅速かつ精度良く測定する場合には、OESが第一選択肢となります。革新的で信頼性の高いOES金属分析装置であるferro.lyteは、迅速なオンサイト金属分析用に最適化されています。ferro.lyteの分析品質は、ラボ用の金属分析用OESに匹敵する分析性能と最高のモバイル性能を兼ね備えています。

金属分析向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。