何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Biomass plant
石炭、コークス、バイオマス
クリーンで効率的なエネルギー生産の確保
ll_to Content

信頼性の高い固体燃料分析

元素分析は、固体燃料の特性評価を行うための標準的な手法として確立されています。 元素組成を明らかにすることにより、燃料の発熱量を決定できます。 また、固体燃料の元素濃度分析は、化石燃料の環境適合性と純度を決定するために重要となります。 当社の固体燃料分析向けの元素分析装置は、石炭、コークス、バイオマス、およびその他の炭素ベースの固体燃料など、固体燃料の化学組成、商業品質、法規制順守の決定に役立ちます。

今日の競争の激しいエネルギー市場では、再生可能で持続可能なエネルギー資源がこれまで以上に重要になっています。 固体バイオ燃料は持続可能な化石燃料の代替手段ですが、試料前処理としての均質化が困難かつ元素比が大きいため、一般的な元素分析装置による分析には困難を伴います。当社の場合、固体バイオ燃料などの難しい試料でも、信頼性の高い固体燃料の品質と排出抑制を実現する、業界トップの技術を備えた元素分析装置を提供しています。

高精度炭素・硫黄分析

石炭、コークス、廃棄物の高精度な炭素・硫黄同時分析に特化した当社のrapid CS cubeをご覧ください。この装置は、スズ箔で試料を包むことにより、装置内部のダストやコンタミネーションの問題を排除できます。 また標準装備の内蔵オートサンプラーにより、高いサンプルスループットで安全な夜間無人運転が行えます。 そのため、装置のメンテナンスは極めて簡単で、長い連続稼働時間によりストレスなく分析が行えます。 rapid CS cubeは、ASTM D4239-12(石炭およびコークスの硫黄分析)、DIN 51724-3(固体燃料の硫黄分析)など、石炭およびコークスに関する各国・国際機関の公定法に準拠しています。

固体燃料のCHNS同時分析

CHNSの濃度測定は、固体化石燃料の品質の決定に関する公定法の一部です。 当社の有機元素分析装置vario MACRO cubeは、石炭、コークス、木材、植物などの、不均質な試料を分析する場合に重要となる大きな試料量で測定できるよう最適化されています。 この装置は、元素分析業界をリードする多様性を持つようデザインされており、試料が大きくてかさばる場合や大きな試料量が必要なアプリケーションにフレキシブルに対応します。 また、硫黄分析として外付けのモジュールや電熱炉は必要とせず、CHNSの4元素すべてを1試料で同時に測定できます。

高精度なダイレクト酸素分析

エネルギー産業における酸素濃度分析の重要性が増しています。従来の差分法による間接的な計算によって得られる酸素濃度は累積誤差が大きいため、この業界や関連規制において直接的な分析に対する需要がますます高まっています。 特許技術であるバックフラッシュテクノロジーを使う当社の酸素分析装置rapid OXY cube®は、これらの分析要求に完全に適合しており、酸素測定において無敵の精度と正確さを提供します。

石炭中塩素の自動定量

石炭中の塩素の測定は、従来は難しく時間のかかる作業でした。 一般的な方法は、ボンベ熱量計による試料分解と、それに続く電量滴定法またはイオンクロマトグラフィーによる塩素量のオフライン測定です。 これとは対照的に、当社の元素分析装置を用いる場合、分析時間が20分程度と短く、メンテナンス頻度が低い電気化学セルにより塩素の自動測定が行えます。1日あたりのメンテナンス時間は15分未満で機器の連続稼働率は90%を超えます。また、いくつかの異なる電気化学セルの組合せにより、塩素濃度の測定範囲は0.005 % - 100%をカバーできます。

固体燃料分析向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。