何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Stable isotope analysis in archaeology
考古学
古代人の歴史を理解する
ll_to Content

考古学における安定同位体分析

人類の文化と発達は何千年にもわたって進化してきましたが、その大部分は記録のほとんどが存在しない先史時代に起こっています。そこで考古学においては、文化がどのように進化したのか、そしてどのような力が現代の私たちの社会を形作る原因となったのかを理解するために、そのような文書が不足している先史時代を研究するためにさまざまな技術を利用します。

安定同位体分析は、現代の化学考古学における強力な研究ツールです。考古学者は、土地利用の変化、いつどのように農業活動や漁業活動が導入されたのか、そのような活動に変化をもたらしたさまざまな環境圧力とは何だったのか、これらを究明することを目的として保存された骨コラーゲンの同位体分析を行い古代人の食生活を再構築することができます。また、遺跡から発掘される副葬品の分析は宗教的または精神的な意義を明らかにすることに役立ちますが、考古学的な陶器に残された残留物の研究はそれらの器の用途に光を当てることができます。さらに、複数の同位体の使用は、地理的な起源と移動パターンを決定するために利用することができ、最終的には、時代を超えた人類の豊かで活気のある歴史の理解を可能にします。

古代の食生活を再構築する

考古学の最も魅力的な側面の1つは、古代の人々の日常の習慣を理解することです。これらの中で最も重要なものは食べ物です ー 何が古代人の生命を支えたのか?主食は時代と共に変化したのか? 食べ物の季節変動はあったのか? 食生活の変化が帝国の崩壊の原因であったのか? これはすべて、食生活が明らかな現代人と比較して、髪、骨、歯の同位体特性によって明らかになります。元素分析装置を前処理装置とする当社のAnthrovisION IRMSシステム (EA-IRMS) を使用することで、古代人の謎を解き明かすことができます。

何が取引きされ、塗られ、保存されたのかを解き明かす

粘土陶器から回収された残留物の安定同位体分析は、宗教的慣習を明らかにし、どのような作物の栽培が経済的に実行可能であったのか、または単にどの食品が社会を支えたかを示すのに役立ちます。 地理的起源はδ18Oおよびδ2Hの分析から推測できますが、残留物の主要な由来に関する情報はδ13C、δ15N、およびδ34Sの分析から得られます。化合物特異的な分析を行うガスクロマトグラフィーを前処理装置とするGC-IRMSと、バルク分析を行う元素分析装置を前処理装置とするEA-IRMSを組合せることにより、迅速、簡単、かつ確実に現代の考古学に独特な知見をもたらします。

安定同位体分析で移動パターンを調べる

歴史は、それが全人口であろうと、新しい土地に植民地化する個人のグループであろうと、人々の動きによって作られます。 人の移動パターンを検出するために、髪または骨と歯のδ18Oおよびδ2H同位体分析により、個人をその起源に直接関連付けることができますが、これは水源環境の水の自然な気象変化によるものです。この研究分野で活躍する当社のiso FLOWは、気象水や有機物由来の炭酸塩をハイスループットで完全自動分析できます。

同位体考古学研究向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。