何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Oil
液体燃料
クリーンで効率的なエネルギー生産
ll_to Content

高感度・高精度な液体燃料分析

硫黄と窒素の濃度を把握することは、規制順守と精製プロセスの最適化という主な理由から、石油の精製作業おいてとても重要になります。 世界中の多くのマーケットでは、米国環境保護庁 (EPA) などの規制当局が、燃料および精製品に含まれる硫黄と窒素の総量を制限しています。 これは、例えば、高レベルの硫黄を含む燃料は、燃焼時に二酸化硫黄ガスを放出し、酸性雨などの環境問題だけではなく、さまざまな健康問題を引き起こすからです。 そして、新しい規制がよりクリーンな燃料を要求するにつれて、継続的な燃料分析を通じて、SO2やNOxなどの汚染物質をより適切に監視するように各メーカーに大きな圧力がかかることになります。 また、精製プロセスで利用される高価な触媒は、高濃度の硫黄および窒素の存在下ではるかに速く劣化してしまいます。 そのため、燃料分析を行うことは生産プロセスの最適化にも役立ちます。

硫黄と窒素の微量測定

液体燃料の分析には、微量の硫黄と窒素を検出できる分析技術が必要です。 ASTM D4629やASTM D5453などの国際規格によれば、燃料または軽質炭化水素中の硫黄と窒素の含有量は、試料の高温燃焼によって決定する必要があります。燃焼によって生成される一酸化窒素 (NO) の測定には化学発光検出器、二酸化硫黄 (SO2) の測定にはUV蛍光検出器がそれぞれ用いられます。 当社の微量硫黄・窒素分析装置trace SN cubeは、これらの国際規格に準拠しており、ディーゼル油やガソリンなどの液体燃料中に含まれる硫黄と窒素の高感度分析用に特化しています。 トレースレベルでの高感度・高精度な分析結果を可能とし、理想的な液体燃料分析装置と言えます。

液体燃料の高精度分析 ダイレクト酸素測定

ガソリンなどの液体燃料に酸素含有化合物が含まれる場合には、さらに燃焼が促進されて一酸化炭素の排出量が削減されます。 そのため、石油業界における、特に直接法による酸素濃度分析の重要性が増しています。 従来の差分法による間接的な計算によって得られる酸素濃度は累積誤差が大きいため、最近では、正確で偏りのない結果が得られる直接酸素測定法が最適な方法となっています (ASTM D5622など)。 当社の酸素専用分析装置rapid OXY cube®は、特許技術のバックフラッシュテクノロジーと抜群な分析精度を兼ね備え、石油産業のあらゆる酸素分析ニーズを満たします。

液体燃料分析向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。