何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Table with food and beverages
食品 & 飲料
安心・安全な食品の生産
ll_to Content

サンプルタイプに依存しない食品中タンパク質の高精度分析

国際的に栄養表示に関する公定法に従う全タンパク質量の定量は、食品業界において品質管理とタンパク質表示を行う上で必須なツールです。タンパク質含有量は、パン生地の特性やビールの発泡性・味など製品の特性や分類に直接的に影響することから、製品の品質や価格に関する重要なファクターです。また、タンパク質分析を食品全般へ応用する上では、いかにマトリックス (サンプルに含まれる分析対象以外の物質) の影響を受けずに測定できるかということがとても重要になります。

低コストな食品分析

タンパク質の定量は、食品業界で行われる主要な分析の一つです。そしてこの業界では、最も高い精度と正確さを備えた分析結果を経済的な価格で提供することが求められます。当社の窒素・タンパク質専用の分析装置はこれらの要件を十分に満たし、改良デュマ法の高温燃焼により分析コストを抑えて環境に優しく食品分析を行うことができます。省資源を意識した特許取得済みのEAS REGAINER®技術との組み合わせにより、メンテナンス時間と分析コストが大幅に抑えられます。ヘリウムの代わりに安価な炭酸ガスを安価なキャリアガスとして使用することで、当社の窒素・タンパク質分析装置rapid N exceed®の1分析あたりのコストは、化学薬品、電気、ガスを含めて劇的に低く抑えることができます。

サンプル形態や量は自由自在

当社の窒素およびタンパク質分析装置rapid MAX N exceedは、液体、固体、ゲル、粉体などサンプル形態を問わない業界標準の使いやすさがあります。縦長のクルーシブル (サンプル容器) は、固体なら最大5 g、液体なら最大5 mlのサンプルを、添加物や前処理を必要とせず簡単に測定することができます。このように大容量で測定できることから、フルーツジュースやミルクシェイクなど不均一であることを気にすることなく優れた分析精度と再現性が得られます。

食物繊維の分析

食品中の食物繊維の含有量を決定する重要なステップの一つは、食物繊維含有量の補正のために、酵素消化等によるサンプル前処理後に得られる食物繊維、タンパク質、無機質、ろ過助剤からなる沈殿ろ過残渣中のタンパク質量を測定することです。大容量クルーシブル (サンプル容器)と自動燃焼灰の回収機構を備えた堅牢なオートサンプラーが特長の窒素・タンパク質分析装置rapid MAX N exceedは、この分析に最適な一台です。沈殿ろ過用のプラスチック製フィルターバックごと測定する新しいメソッドにも対応できることから、食物繊維分析とrapid MAX N exceedの統合は簡単でコスト効率の良いソリューションとなります。

食品偽装の解明

プレミアム食品や保護対象食品の原材料・産地の偽装や食品ラベルの誤表示は、安定同位体比分析により見破ることができます。食品偽装問題や産地判別の調査に適した当社の分析機器の詳細につきましてはこちらのページをご覧ください。 

食品・飲料向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。