何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Landfill that needs waste analysis
Oil spill
Eutrophication
廃棄物 & 環境汚染
廃棄物の適切な分類
廃棄物 & 環境汚染
汚染源を調べる
廃棄物 & 環境汚染
富栄養化を解明する
ll_to Content

廃棄物分類と有機化学物質分析

世界的に都市人口が増加し、この影響が消費の増加と相まって生活の質、人の健康、環境および天然資源、はたまた経済や社会発展に悪影響をもたらすため、今や廃棄物管理は都市部における最も深刻な環境課題の一つになっています。そのため、膨大な量の廃棄物が埋立地に送られる前に、その組成を把握することがとても重要になります。その一方で、廃棄物に含まれる有機化学物質の化学特性を深く理解することのみにより、環境問題の改善実現につながります。

廃棄物管理における全有機炭素 (TOC) 分析

埋立地は、有害廃棄物、無害廃棄物、不活性廃棄物のいずれを受け入れるかによって分類されます。また廃棄物管理においては全有機炭素量が有機化合物による汚染の指標となりますが、これはフライアッシュ、セメント、カオリンなどの工業材料の品質管理 (QC) にも使用されます。 さらに残留物のリサイクルを評価する場合、有機物汚染の評価が常に必要となります。

埋め立てに重要な炭素種の分類

従来のTOC測定において生物学的に不活性な元素状炭素 (ROC) はTOCとして測定されるため、炭素種をTICとTOCの二種類で分類するだでけは不十分となる場合があります。固形廃棄物を評価する場合、埋立地にはROCに対する制限がないためこれを別途測定すべきと考えます。ROCを測定する一つの手法として、ROCがTOCよりも高温で燃焼する性質を利用した昇温式元素分析がありますが、当社のsoli TOC® cubeを用いれば多段階昇温によりTOC、TIC、ROCが一度の測定で得られます。

安定同位体分析による汚染源の特定

安定同位体分析は、環境中の有機汚染物質の複雑な相互作用に関する深い知見の発掘に役立ちます。陸や海における汚染化学物質の複雑な発生源やその行きつく先を解明し、環境修復の戦略を支援したり、環境保護のための廃棄物管理や資源管理の政策立案の補助となります。これらのことは、我々人類がその責任において自然界を守り、今ある自然の素晴らしさを後世に残すために役立ちます。

廃棄物 & 環境汚染分析向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Oops, an error occurred! Code: 2021041610594188b9cd9f