何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Doping analysis in sports
スポーツドーピング
テストステロンの乱用を追跡する
ll_to Content

ドーピング分析

人間が仲間や周囲と競争するという本能は近世にまで遡り、不当な手段を使ってでも競争上の優位性を獲得したいという誘惑につながります。 今日、このような不正な優位性の獲得はさまざまな形で行われている可能性がありますが、化学物質による競技性能の向上は、最も手が込んだ検出が難しい不正の一つです。 公正な競争を確保したりアスリート自身の健康を維持する責任を人々に負わせるため、規制当局は、クリーンな競争の原則を順守し強化するため、ドーピング分析に最高性能の最先端技術を使用する必要があります。

安定同位体分析は、アスリートが競技能力を増す薬物を服用したかどうか、または単に高性能でナチュラルな身体能力で競技に参加しているかどうかを判断するための独特なツールになります。 世界ドーピング防止機構は、安定同位体分析はスポーツにおけるドーピング分析を行う上で必須の分析手法であると宣言していますが、同手法は牛のステロイド乱用の検出にも応用できます。

合成ステロイドの検出

アスリートによる合成アナボリックステロイドの服用は、そのアスリートの運動能力を高めることで広く知られています。 これは不正行為であるため、ドーピング分析 (尿検査)によって検出される必要があります。当社のGC/C/IRMSは、このドーピングを検出するための公式な分析手法として世界ドーピング防止機構 (WADA) によって承認されており、WADA技術文書 TD2016IRMSに記載されています。

最高感度のドーピング分析 GC/C/IRMS

ガスクロマトグラフィー (GC)/燃焼法 (C)/同位体比質量分析 (IRMS)は、最小レベルのステロイド乱用が検出できるよう非常に高い感度を必要されますが、特に主要なスポーツイベントにおいて一貫して安定的にサンプル分析が行える堅牢性を提供します。 当社のAnthrovisION GC/C/IRMSシステムは、最も要求の厳しい状況で並外れたレベルのパフォーマンスを提供します。

ドーピング分析における強力なデータ処理

当社の安定同位体ソフトウェアionOS®は、アンチドーピングラボで役立つパワフルな機能を提供します。 すべてのデータ処理はionOS内で実行されるため、いつでもオリジナルのデータまで遡ることができます。 当社のピークマッピングアルゴリズムは、USADA-33やUSADA-34などの同位体標準物質を自動的に検出し、同位体キャリブレーションを自動的に実行できます。 最後に、計算列機能は、内因性参照化合物 (ERC) と標的化合物 (TC) の組み合わせを自動的に計算し、許容範囲外にあることを示す警告を発することができます。

ドーピング分析用の製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Oops, an error occurred! Code: 20210416094148f0625d3e