何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。
Climate research soil
Climate research GHG
Climate research tree rings
気候変動
未来の気候変動シナリオを知る
気候変動
温室効果ガスの原因を探る
気候変動
古気温計を解明する
ll_to Content

気候変動研究を推進する安定同位体分析

気候変動は人類文明にとって最も大きな脅威の一つですが、未来の気候シナリオを予測することは過去の気候変動を解明したその土台の上に成り立ちます。地球規模での気候の変動性と気候サイクルの推力となるメカニズムを理解することから、科学者たちは高度な未来の気候変動を予測するモデルを開発し、人類活動によってもたらされるであろう様々な結末に関する重要な情報を公共や政府へ提供します。

安定同位体分析は古気候の仮想温度計として働くことができるため、微化石、氷床コア、木の年輪など様々なサンプルから太古の昔の気温を読み取ることができます。そしてこの温度情報を未来に対して外挿することで最悪のシナリオを回避できるよう、安定同位体分析がその重要な役割を果たすことができます。

最高精度の炭酸塩分析

海底に堆積した古代生物由来の炭酸塩から当時の気候情報を知ることができます。例えば炭酸塩のδ13Cやδ18Oの単置換同位体比はその生物が生存していた時代の海水温度と密接な関係を示すことが分かっています。そのアプリケーションに特化した当社のiso CARB PREPを組み込んだiso DUAL INLETは、極微量のδ13Cとδ18Oを最高精度で分析できるだけでなく二重置換同位体組成分析にも応用できる最新デュアルインレットシステムです。

氷床コア分析による古気温の推定

降水の同位体比は根本的に蒸発前の由来となる海水の温度に依存します。例えば北極や南極のエリアから採取される氷床コアには数千年間分の同位体比の変動を記録しており、氷が形成された時代の温度を復元することができます。そのアプリケーションに特化した当社のiso AQUA PREPを組み込んだiso DUAL INLETは、他の分析手法と比較してδ18Oとδ2Hが最高精度で分析できるため、古環境温度の復元計算における不確かさを大きく軽減できる最新デュアルインレットシステムです。

温室効果ガスの同位体比

大気中の温室効果ガスは、気候変動の主な要因となります。気候変動のメカニズムを解明するためには、大気中に含まれる人為的なガスの寄与を自然のプロセスによって発生するガスから切り離すことが極めて重要です。iso FLOW GHGを使用して、大気サンプルに含まれる主要な温室効果ガスであるCO2、N2OおよびCH4の同位体比を調べることで、気候変動に対処するための戦略策定に役立ちます。

気候変動研究向けの製品

何かお困りですか?
お気軽にお問合せ下さい。